Akamai dots background

クラウドとは何を意味するのか

ここ数年、クラウド・コンピューティング・サービス、より広く言えば「クラウド」が大きな話題となっています。 あまりにも雑多な情報があふれているので、クラウドサービスの使用を検討する場合はまず、「クラウドとは何を意味するのか?」という問いから始めるのが賢明です。

クラウドとは何を意味するのか? 顧客にとってのクラウドサービスの機能

クラウドサービスの潜在的な消費者にとって、クラウドとは何を意味するのでしょうか? クラウドコンピューティングの定義を一言にまとめると、クラウドサービスは、インターネットを通じてユーザーがコンピュータのハードウェアとソフトウェアの機能を利用できるようにします。 具体的には、クラウドサービスは次のような核となる属性を持ちます。

  • クラウド・ホスティング・プロバイダは、自社が所有またはリースしているデータセンター内でハードウェアとソフトウェアを購入、運用、保守します。 消費者が自分でハードウェアやソフトウェアを購入、インストール、保守する必要はありません。
  • 消費者は、インターネット接続を通じてセルフサービスでクラウドサービスとやり取りします。 ほとんどまたは一切サービスプロバイダとやり取りすることなく、サービスを起動し、サービスを毎日利用し、サービスの利用レベルを上下することができます。 その裏では、プロバイダの クラウド管理ソフトウェアがサービスのプロビジョニングやリソースのスケーリングなどを自動で行っています。
  • 消費者は、使用するものに対してのみ料金を支払います。 通常、請求は登録ベースで行われます。 料金は使用するサービスの量に基づいて決まり、サービスが不要になれば登録を終了できます。

クラウドとは何を意味するのか? クラウドとウェブは同じではない

「クラウドとは何を意味するのか?」と疑問に思う理由の一つに、「クラウド」という語がときとしてあまりに大雑把な意味で使われるため、「ウェブ」との区別がつかないという点があります。 実際には、クラウドサービスはウェブを利用しますが、ウェブと同じではありません。 ウェブ上のすべてのものがクラウドサービスではないのです。

「クラウド」とウェブの区別は次のとおりです。

  • 個人の消費者にとってのクラウドサービスは、自分のデスクトップやモバイルデバイスにインストールして実行するソフトウェアの代わりとなるものです。 Google 検索を使用するときは、クラウドを使用しません。しかし、(Microsoft Outlook などのインストールされる電子メールクライアントではなく)Gmail を使用するときや(Microsoft Office などのインストールされる Office スイートではなく)Google Docs を使用するときは、クラウドを使用します。
  • 企業やその他の組織の従業員にとってのクラウドサービスは、ワークステーションにインストールしたり企業のデータセンターで実行したりするソフトウェアの代わりとなるものです。 オフィスの備品を購入するために Amazon を使用するときは、ウェブを使用しますが、クラウドは使用しません。 (ローカルのハードドライブやオフィスのファイルサーバーではなく)Amazon Simple Storage Service(S3)を使用してデータを保存するときや(ローカルにインストールされたアプリケーションではなく)Salesforce を CRM システムとして使用するときは、クラウドを使用します。

企業に対するクラウドの価値を高めるアカマイ

クラウドサービスの使用や、自社のエンタープライズ・クラウド・サービスの開発を検討されている企業のお客様は、今すぐアカマイまでご連絡ください。 基本的なクラウド・ストレージ・サービスからエンタープライズ SaaS アプリケーション、モバイル・クラウド・コンピューティング・ソリューションにいたるまで、導入されるクラウドサービスの種類を問わず、アカマイはお客様がインターネット経由での従業員へのサービス提供の信頼性とパフォーマンスを向上することにより、さらに多くの価値をサービスから得られるようにお手伝いします。 アカマイは、95 か国以上の 160,000 台のサーバーに広がるグローバルなアプリケーション高速化ネットワークを活用して、エンドユーザーがどのデバイスでどこから接続してもクラウドサービスでポジティブかつ生産的な体験が得られるように保証します。

アカマイのインターネット最適化および WAN 最適化ソリューションがどのように企業ユーザーに対するクラウドの価値を高めるかの詳細をご覧ください。