OTA Updates

グローバルなプラットフォームと無線通信(OTA)テクノロジーによって、接続された数百万台の自動車のソフトウェアアップデートを簡素化し、セキュリティを確保します。

自動車業界は、コネクテッドビークルの誕生によって、技術の飛躍的な進歩を目の当たりにしています。接続された車載システムの数が増えているため、継続したアップデートを提供するために必要な操作とインフラストラクチャは爆発的に拡大しています。リコールやソフトウェア設計の欠陥は、メーカーにとって大きな財政的損失になる可能性があります。

Architectural Diagram

Architectural Diagram

OTA Updates とは

Over the Air Article Body Image

メーカーが自社製品をどのように設計し、構築するかはソフトウェアによって変わります。そのため、ソフトウェアはダウンロードによって常に最新化しておく必要がありますが、これは非常に骨の折れる課題です。ソフトウェアのアップデートによって、新機能が追加され、バグに対処でき、技術上の問題が解決されます。さらに重要なことは、デバイス(この場合は自動車)のセキュリティが維持されることです。ここでの課題は、世界中の何百万台もの自動車に、効率的、効果的、かつ安全な方法で、複数のアップデートをどのように無線で送信するかということになります。

OTA Updates は、自動車 OEM にシンプル化とセキュリティを実現します。Akamai Intelligent PlatformTM は、最新の自動車向けのファームウェアやナビゲーションシステムのアップデートを無線でプッシュする、安全で拡張性のあるグローバルなクラウドネットワークを提供します。Akamai とセルラーの両ネットワークを横断する高速ダウンロードにより、コストのかかるリコール、保証請求、セキュリティ侵害を避けるためのパッチを適用できます。自動車メーカーは、自社の自動車に対するソフトウェアアップデートを数時間でグローバルに配信し、各デバイスのバージョンレベルを追跡できます。

パフォーマンス

Akamai の OTA Updates は、グローバルに拡張可能な Akamai Intelligent PlatformTM 上に構築されています。OTA Updates は、オンデマンドでの容量の利用、ジオレプリケーション、実証済みのサーバーマッピングとルーティングテクノロジーを提供します。世界中に分布するクラウドベースのストレージによって、インターネットを通じて複数のロケーションにコンテンツをミラーリングして配信効率を最大化し、地域の大規模な機能停止を防止します。

リコール/補償請求のコストを軽減

OTA Updates により、特定の車両に対する低レイテンシーのダウンロードインテリジェンスを使用した高速ダウンロードとパッチ適用が実現するため、補償請求/リコールのコストが軽減されます。

セキュアなダウンロード

OTA Updates は Akamai の実績あるセキュリティ機能を備えており、今では自動車市場でも活用されています。これらのセキュリティ機能には包括的で柔軟性のある SSL/TLS プログラムが含まれているため、証明書管理における選択肢が提供されます。

簡素化されたワークフロー

OTA Updates は、自動車メーカーが管理するソフトウェア・アップデート・キャンペーンのワークフローを簡素化します。Akamai Intelligent PlatformTM は、自動車に対するソフトウェアアップデートをグローバルに配信し、各デバイスのバージョンレベルを追跡する、安全で拡張性のあるグローバルなクラウドネットワークの提供に利用されています。これにより、キャンペーンのプロセスに労力をかける必要がなくなります。

実績のある統合

OTA Updates は、お客様の手を煩わせることなくソフトウェアアップデートを提供し、自動車に対する満足度を高めるために重要です。実証済みで信頼性の高い確実なグローバルコンテンツ配信により、収益、顧客ロイヤルティ、ブランド資産価値を保護します。

グローバルネットワーク

Akamai の OTA Updates は、グローバルに拡張可能な Akamai Intelligent PlatformTM 上に構築されています。OTA Updates は、オンデマンドでの容量の利用、ジオレプリケーション、実証済みのサーバーマッピングとルーティングテクノロジーを提供します。

車両別価格設定

Akamai の OTA Updates は、セルラーネットワークにおける自動車メーカー負担のトラフィックと所有者負担のトラフィックを区別し、セルラー利用料金を自動車メーカーに宛てることができます。この機能により、OEM は現地市場での課金構造を容易に適用できるようになります。

柔軟性のある SSL/TLS プログラム

柔軟性のある SSL/TLS プログラムや相互認証による安全なダウンロードが可能です。

セルフサービスポータル

OTA Updates には、一連の車両アップデートの進捗を確認できるセルフサービスポータルが用意されています。完了率を把握することで、自動車メーカーは販売後の車両に性能と機能の拡張を提供し、地図、ナビゲーション、音声認識など最新のクラウドベースのサービスに対する消費者のニーズに対応することができます。

レポート作成

車種別、モデル別、地域別の詳細なキャンペーンの集計データが表示される、直感的なレポートを取得できます。

請求処理

OTA Updates は、機能ベース/レートベースの課金モデルを使用します。この機能により、顧客は課金期間に使用するデータレートを購入するとともに、データ消費の超過分について追加料金を適用できるよう記録することができます。

セルラーネットワークのトラフィックレベルに沿ったスループットで、大きなファイルを無線で配信

車両がいつも有効な配信範囲内にあるとは限らないため、移動することを前提としながらコンテンツがより迅速かつ確実にエンドユーザに配信されるようにします。

電源管理(自動車の走行中またはエンジン稼働中のみアップデート可能)により、短いダウンロード期間にソフトウェアアップデートを受信するための最適な接続が確保されます。

アップデート用の強固で対応の早いパッチシステムで、脆弱性に対応

認証/相互認証によってソフトウェアアップデートのエンドツーエンドのワークフローが可能になり、外部の IT 脅威から各車両を保護します。

SSL(Secure Sockets Layer)リンクを使用すると、ウェブサーバーとブラウザとの間で送受信されるすべてのデータが、プライベートかつ完全な状態に保たれます。

信頼性と拡張性の課題をオフロード

複数の製品ラインやロケーションに分散する数百万台もの自動車の OTA ソフトウェアアップデートが可能になり、完了率が大きく向上します。

自動車への新機能導入が迅速に実行できるようになります。

社内のサービスやソフトウェアのリコールプロセスの置き換え

OTA の自動車アップグレードは、ダウンロードやディーラーへの問い合わせによるお客様のフラストレーションを減らすだけでなく、業界全体でコストを大幅に削減します。

信頼性と拡張性の課題を解決します。