OTA Updates

コネクテッドビークルと IoT デバイスに対し、グローバルな規模で安全な無線アップデートを提供します。

接続された車載システムの数が増えているため、継続したアップデートを提供するために必要な操作とインフラストラクチャは爆発的に拡大しています。

Akamai OTA Updates Explainer Video

OTA Updates の紹介動画

???Watch the Video???

OTA Updates とは

ソフトウェアアップデートを効果的に配信する機能は、IoT テクノロジー展開における重要な部分です。より多くの「モノ」がインターネットに接続されている現在、そういた「モノ」を維持する必要があります。数百万のデバイスに効果的かつ効率的にソフトウェアアップデートを配信するための拡張可能な安全でスケーラブルなグローバル・ネットワーク・インフラストラクチャの構築、監視、および管理は、複雑でコストがかかります。

IoT 展開チームの課題は、現場でサポートされているバージョン数を減らし、重要なセキュリティアップデートを迅速に提供し、製品を改善する新機能をお客様に配信することで、お客様との関係をさらに充実させることです。リモートでの無線によるソフトウェアアップデートは、手動での展開にかかるコストや時間を削減できる、安全で追跡可能な方法で実行する必要があります。

Akamai の OTA Updates は、テクノロジーを展開して維持するための拡張性に優れたネットワーク・インフラストラクチャ・レイヤーを提供することによって、コネクテッドビークルの OEM、IoT デバイスメーカーおよび機器メーカー、およびソフトウェア開発者をサポートします。

API によりシステムに容易に統合できる、知見に富んだリアルタイムレポートと請求設定、セルラーゲートウェイへの近接性を提供する常時稼働のセキュリティが確保された分散ネットワークにより Akamai は IoT 展開における推奨パートナーとなっています。

信頼性

Akamai の OTA Updates は、Akamai の高パフォーマンスで信頼性の高い、スケーラブルで安全なグローバル・クラウド・ネットワーク上に構築されています。OTA Updates は、オンデマンドでの容量の利用、ジオレプリケーション、実証済みのサーバーマッピングとルーティングテクノロジーを提供します。世界中に分布するクラウドベースのストレージによって、インターネットを通じて複数のロケーションにコンテンツをミラーリングして配信効率を最大化し、地域の大規模な機能停止を防止します。

リコール/補償請求のコストを軽減

OTA Updates により、自動車や IoT デバイスに関するサービスセンターへの訪問やヘルプデスクへの問い合わせ電話を抑え、保証やリコールのコストを削減します。

最新のアップデートを迅速に実施することで、ソフトウェアバージョンのサポートやコストを削減して簡素化します。

セキュアなダウンロード

OTA Updates は Akamai の実績あるセキュリティ機能を備えており、今では自動車市場でも活用されています。これらのセキュリティ機能で、相互認証によりセキュリティリスクを緩和できます(お客様は、TLS バージョンや暗号スイートなど、お客様自身が管理する TLS 環境を選択し、カスタマイズできます)。

シンプル化されたワークフロー

OTA Updates は、自動車メーカーが管理するソフトウェア・アップデート・キャンペーンのワークフローをシンプル化するだけでなく、大容量のファイル転送の場合でも、API を使用した実証済みのシステム統合により、複雑なキャンペーンを完了する労力を軽減して高速化します。

実績のある統合

OTA Updates は、お客様の手を煩わせることなくソフトウェアアップデートを提供し、自動車に対する満足度を高めるうえで自動車メーカーにとって重要です。実証済みで信頼性の高い確実なグローバルコンテンツ配信により、収益、顧客ロイヤルティ、ブランド資産価値を保護します。

グローバルネットワーク

Akamai の OTA Updates は、Akamai の高パフォーマンスで信頼性の高い、グローバルにスケーラブルで安全なプラットフォーム上に構築されています。このプラットフォームは、セルラーゲートウェイへの近接性を提供し、インターネットユーザーの 90% から 1 ホップしか離れていないため、あらゆるネットワークタイプのソフトウェアアップデートをシンプルかつ高速に実施できます。

シンプルな価格設定

価格は月額プラットフォーム料金をベースとして、お客様がコミットした予測ダウンロードデータ量(GB)に応じた使用量別料金がかかります。使用状況のレポートは、セルラーネットワークにおける自動車メーカー負担のトラフィックと所有者負担のトラフィックを区別し、セルラー利用料金を自動車メーカーに宛てることができます。この機能により、OEM は現地市場での課金構造を容易に適用できるようになります。

柔軟性のある SSL/TLS プログラム

相互認証によりセキュアなダウンロードを実現できます(お客様は、TLS バージョンや暗号スイートなど、お客様自身が管理する TLS 環境を選択し、カスタマイズできます)。

セルフサービスポータル

OTA Updates には、一連の車両アップデートの進捗やダウンロードを確認できるセルフサービスポータルが用意されています。完了率を把握することで、自動車メーカーは販売後の車両に性能と機能の拡張を提供し、地図、ナビゲーション、音声認識など最新のクラウドベースのサービスに対する消費者のニーズに対応することができます。

レポート作成

ダウンロード完了率やネットワークパフォーマンスなどについて、車種別、モデル別、地域別の詳細なキャンペーンの集計データが表示される、詳細なリアルタイムレポートを提供します。

請求処理

 

OTA Updates は、機能ベース/レートベースの課金モデルを使用します。この機能により、顧客は課金期間に使用するデータレートを購入するとともに、データ消費の超過分について追加料金を適用できるように記録することができます。

これにより、セルラー使用量を適切に請求し、ホワイトリスト/ブラックリストと連携するために、グローバル IP アドレスの有限セットをネットワーク通信事業者に提供できます。

セルラーネットワークのトラフィックレベルを補完するスループットで、大きなファイルを無線で配信

車両がいつも有効な配信範囲内にあるとは限らないため、移動することを前提としながらコンテンツがより迅速かつ確実にエンドユーザーに配信されるようにします。

電源管理(自動車の走行中またはエンジン稼働中のみアップデート可能)により、短いダウンロード期間にソフトウェアアップデートを受信するための最適な接続が確保されます。

アップデート用の強固で対応の早いパッチシステムで、脆弱性に対応

相互認証によってソフトウェアアップデートのエンドツーエンドのワークフローが可能になり、外部の IT 脅威から各車両を保護します。

SSL(Secure Sockets Layer)リンクを使用すると、ウェブサーバーとブラウザーとの間で送受信されるすべてのデータが、プライベートかつ完全な状態に保たれます。

コマンドやコントロールと統合された承認/認証。

簡潔さや信頼性、拡張性の課題を解決。

複数の製品ラインやロケーションに分散する数千台の自動車に対する OTA アップデートが可能になり、完了率が大きく向上します。

自動車への新機能導入が迅速に実行できるようになります。

社内のサービスやソフトウェアのリコールプロセスの置き換え

OTA の自動車アップグレードは、ダウンロードやディーラーへの問い合わせによる消費者のフラストレーションを減らすだけでなく、業界全体でコストを大幅に削減します。

実証済みで信頼性の高い確実なグローバルコンテンツ配信により、収益、顧客ロイヤルティ、ブランド資産価値を保護します。

Akamai インサイト