Akamai dots background

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティのシステムと原則は、データの流れを中断、遅延、改ざん、リダイレクトしようとする攻撃者からウェブサイトやウェブアプリケーションを保護することを目的としています。 これらの攻撃者は目標、動機、組織の規模、技術的能力が異なり、官公庁および民間企業ではサイバー攻撃を防ぐために拡大する一方の対策を講じています。

  • 政府は、金融システム、公衆衛生、科学、安全、防衛、航空宇宙、情報の各機関用の重要なインフラの完全性を保護するためのサイバーセキュリティ対策を講じています。
  • 民間企業は、サイバーセキュリティとオンラインデータ保護を利用して収益減、ブランド評判の低下、罰金の可能性や法的責任を回避しています。

サイバーセキュリティに対するオンプレミスアプローチの弱点

一般的に、官公庁および民間企業は、堅牢なルーター、ネットワークファイアウォール、Web Application Firewall(WAF)などのサイバーセキュリティ機器をデータセンターに展開してウェブベースの資産を防御しています。 これらのデバイスにより、有用なウェブセキュリティが提供されますが、唯一の防御手段としては重大な弱点があります。 次に例を示します。

  • これらのデバイスは着信トラフィックを検査およびフィルタリングするものであるため、サイバー攻撃者が標的とするパフォーマンス低下点や単一障害点になりやすくなります。
  • これらのデバイスはデータセンター内にあるため、データセンターと電気通信事業者を結ぶインターネット回線をブロックしようとする攻撃を防ぐことができません。
  • オンプレミスの機器およびソフトウェアは、サイバーセキュリティ脅威に対する唯一の防御策としては、ライフサイクルが短く、継続的な運用やメンテナンスが必要になるため、資本支出の面で組織にとっては負担です。

アカマイの将来を見据えた拡張性の高いサイバー・セキュリティ・クラウド

アカマイの Cloud Security Solutions は、業界をリードするウェブコンテンツおよびアプリケーション配信ネットワークに統合された、サイバー・セキュリティ・アプリケーションのスイートです。 アカマイのサイバー・セキュリティ・クラウドによって、政府機関、メディア、および企業のクライアントは、コアインフラの必要性を低下させながら重要なウェブ資産を保護する「徹底的な防御」戦略を採用できます。

  • 世界中の 1100 を超えるネットワークに 216,000 台以上のサーバーを擁するアカマイのクラウドベースのサイバー・セキュリティ・ソリューションは、最大規模の攻撃でも簡単に阻止できる拡張性を備えています。
  • Cloud Security Solutions スイートは、ネットワークレイヤー(ウェブサイト IP アドレスクローキング、IP アドレスブラックリストとホワイトリスト、SYN Flood 阻止など)およびアプリケーションレイヤー(HTTP リクエストレートの適応スロットリング、グローバルに分散された Web Application Firewall(WAF)など)で包括的な防御を提供します。
  • アカマイのセキュリティクラウドが一般的なアプリケーションレイヤーの攻撃をどのように阻止するかについては、SQL インジェクションのチュートリアルをご覧ください。
  • アカマイのグローバルなウェブコンテンツ高速化ネットワークと密接に統合されたアカマイのサイバー・セキュリティ・ソリューションは、実際にウェブサイトやウェブアプリケーションのパフォーマンスを向上させ、他のタイプのセキュリティソリューションのようにパフォーマンスを低下させることはありません。
  • ターンキー・クラウドベース・サービスであるアカマイのサイバー・セキュリティ・ソリューションは使いやすいため、IT チームはセキュリティ実装の詳細から、官公庁および民間企業のコアとなる目標へと焦点を移すことができます。
  • PCI DSS コンプライアンス要件の対象となる売買業者は、カード所有者の機密データのエッジトークン化などのオプション機能とともにアカマイのサイバー・セキュリティ・クラウドを使用することにより、PCI コンプライアンスチェックリストを短く簡潔なものにすることができます。

アカマイのクラウドベースのサイバー・セキュリティ・ソリューションのメリットについての詳細をご覧ください