Akamai dots background

ネットワーク攻撃

BYOD、クラウドベースアプリケーション、高度にインタラクティブなウェブサイトが普及するにつれ、企業の IT 資産は、有害なネットワーク攻撃に対してより脆弱になっています。 シリア電子軍によるフォーブスとニューヨークタイムズへの攻撃は広く報じられましたが、これは、大企業が現在直面している情報セキュリティの問題と、ハクティビズムおよびその支持者による真の脅威を示しています。 インターネットで運ばれたネットワーク攻撃に対する防御は、より安全なネットワーク環境のためにウェブプレゼンスを犠牲にできない企業の日常の課題になっています。

ネットワーク攻撃の脅威への対処

ハッカーの知識、攻撃ツール、ボットネットレンタルをオンラインで利用できることが、インターネットによるネットワーク攻撃の頻度と精巧さが増している原因となっています。 政治的な動機にしろ、経済的な動機にしろ、サイバー攻撃が実行されると、IT インフラストラクチャとブランドの評判には大きな被害が及びます。 ネットワーク攻撃の脅威を軽減しようと組織が試みている方法の一つが、ファイアウォールや侵入検知システムなどのネットワーク・セキュリティ・ツールを使用することです。 従来の周辺ベースのソリューションは、適切に実装すれば役立つのですが、構成が不適切であったり、パッチが不十分であったりすると、ネットワークへの新しい攻撃ベクトルが生じることにもなりかねません。

ネットワーク攻撃をより適切に防ぐために、知識が豊富な企業は、脆弱性管理および侵入テストを実行し、セキュリティデバイスの有効性を評価します。 ネットワーク侵入テストなどの基本的な防御手段により、組織は、規制のコンプライアンス要件を満たし、セキュリティ状況の理解を深めることができるので、情報セキュリティの欠陥により効果的に対処できます。 しかしながら、そのような手段はリソースを消費し、テスターのスキルとテストに費やせる時間によって範囲が制限されます。 将来のゼロデイ脆弱性の脅威は残り、企業は誤ったセキュリティの感覚を持ち続けることになります。

アカマイのクラウド・セキュリティ・ソリューションによるネットワーク攻撃への対処

結局のところ、単一のオンプレミスソリューションだけでは、すべてのタイプのネットワーク攻撃を防止できません。 また、基盤となるインフラストラクチャ機能を強化するために多大な投資を行わなければ、独力で活動している企業は、最も破壊的な攻撃である大規模 DDoS からネットワークを保護できません。

さまざまなサイバー脅威を効果的に軽減するために企業に必要なものは、柔軟で拡張性の高いマルチレイヤー化された防御です。 こうした理由から、アカマイは、Akamai Intelligent Platform を設計し、ウェブアプリケーションとネットワークを攻撃から防御するのに役立つシンプルだが強力なクラウド・セキュリティ・ソリューションを Akamai Intelligent Platform に組み込みました。

  • 当社のエッジベースの徹底的な防御手法は、アップストリームの攻撃を阻止するとともに、保護レイヤーをオーバーラップさせることにより、顧客のデータセンターに到達する前にウェブアプリケーションとネットワークへの攻撃を検出して回避します。
  • 当社のクラウドベースの DDoS ミティゲーションソリューションは、拡張性を備えており、アプリケーションレイヤーの DDoS トラフィックを吸収し、ネットワークレイヤーを狙った悪意のある DDoS トラフィックを除去します。
  • 当社の情報セキュリティ担当チームと CSIRT チームは、新しい脅威のインテリジェンスを絶えず解析し、プラットフォームのセキュリティを現在の脅威の状況に適応させています。また、常に警戒し安全であるために必要な情報をお客様に提供しています。

アカマイのクラウド・セキュリティ・ソリューションが組織をネットワーク攻撃から保護できるようにする方法をご覧ください。