Akamai dots background

パブリッククラウドか、プライベートクラウドか?

クラウドコンピューティングを最大限に活用

クラウドコンピューティングは、 IT 業界において最も熱狂的な注目を集めているトレンドの一つです。 その理由は、クラウドベースの「仮想化」インフラストラクチャの効果的な使用が可能になれば、パフォーマンス、拡張性、さらにセキュリティの分野においてさえも従来のデータセンターの増築に勝る可能性があるからです。 クラウドコンピューティングの導入戦略を開発するにしたがい、多くの企業が選択を迫られています。プライベートクラウドを採用すべきか、パブリッククラウドを活用すべきか、という選択です。 では、この両者の違いはどのようなもので、お客様にふさわしいのはどちらなのでしょうか?

パブリッククラウド vs プライベートクラウド

一般的に、パブリッククラウドとは、企業または組織が購入し、インターネットを通じてサードパーティのプロバイダが提供するサービス、または一連のサービスのことです。 こういったサービスは、企業が自社で所有しないストレージ容量およびプロセッサ能力を使用して行ないます。 その代わりに、この容量(サーバーおよびデータセンターの形式による)は、一次ベンダー(例:オンラインストレージ/バックアップ会社)またはクラウドインフラのベンダーが所有することになります。

一方、プライベートクラウドとは、従来のエンタープライズのデータセンターを拡張し、ストレージ容量とプロセッサ能力をさまざまな機能について最適化したもののことです。 「プライベート」とはむしろ、このタイプのプラットフォームがセキュリティにおいて優位な非共有型のリソースであるという事実によるものです。

クラウド管理において考慮すべき事項

パブリッククラウドにも、プライベートクラウドにも、管理に関連する問題があります。 しかし、パブリッククラウドというソリューションを選択することにより、組織はその管理責任の大部分をクラウドベンダーに任せることが可能です。 一方、プライベートクラウドにおいては、物理的なインフラストラクチャの指定、購入、収容、更新、メンテナンス、セキュリティに対する多大なリソースを必要とします。 財務上、プライベートクラウドの導入には大規模な初期投資費用が発生し、新しい装置や容量を付加するたびにさらに投資が必要となります。

しかしパブリッククラウドでは、初期費用はほぼ無しで、財務上の負担はサービスに対する料金となります。多くの場合、それは利用およびデータ容量に基づくものです。 パブリック・クラウド・インフラストラクチャのメンテナンスとセキュリティはベンダーの責任であるため、顧客組織は IT 業務を簡素化することが可能になり、システム維持に費やす時間と費用が最小限に抑えられます。

拡張性における優位性

初期費用を低減または皆無にするだけでなく、可用性、オンデマンド容量のソリューションとしてパブリッククラウドを好む企業は数多くあります。 必要に応じてパブリッククラウドの共有リソースにアクセスすることにより、IT プランニングプロセスから「ヘッドルーム」問題が取り除かれ、企業は IT の条件ではなくビジネス上の目標に基づいたサービスとソリューションを選択することが可能になります。

クラウド内のアカマイ

アカマイによる世界規模の Intelligent Platform™ は、パブリッククラウド、プライベートクラウドのどちらのイニシアティブにおいても強力なサポートを提供します。 プライベートクラウドの配置には、アカマイの Alta アプリケーション管理サービスが、アプリケーションデリバリーの高速化により効果を発揮します。 また、アカマイの Steelhead Cloud Accelerator が、SaaS アプリケーションの最適化を行ないます。