Akamai dots background

ハイブリッドクラウド

クラウドコンピューティングが IT サービスを非常に効率よく敏捷に実装する方法であることは実証されているため、ほとんどの企業にとっての問題は、クラウドコンピューティングを使用するかどうかではなく、どのように使用するかです。 クラウドコンピューティングの恩恵を受ける最適な方法として「ハイブリッドクラウド」を位置づける企業が増えています。

ハイブリッドクラウドとは

ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウドとプライベートクラウドのメリットを組み合わせようとする「両者の長所を生かした」ソリューションです。

  • パブリッククラウドは、クラウドコンピューティング企業によって所有および運用され、サービスに代金を支払うことを厭わない顧客が利用できます。 企業顧客の場合、パブリッククラウドの主なメリットは、資本支出を必要とせず、ほぼ無制限にオンデマンドで拡張できることです。
  • プライベートクラウドは、特定の企業だけが使用するもので、通常はその企業が所有および運用します。 プライベートクラウドは、企業に対してパブリッククラウドよりも高いコントロール、セキュリティ、透過性を提供します。
  • ハイブリッドクラウドは、分散型クラウド・コンピューティング・アーキテクチャであり、企業はパブリッククラウドのリソースをプライベートクラウドで補完し、その 2 つをある程度統合します。

ハイブリッドクラウドを使用する理由

ハイブリッドクラウドの実装が合理的である理由は主に 2 つあります。 まず、ほとんどの企業はさまざまな IT ワークロードをサポートしており、ワークロードに含まれるデータやプロセスには、非常に機密性の高いものとそうでないものとがあります。 一般的なハイブリッドクラウド戦略では、機密性の高いデータとアプリケーションをプライベート・クラウド・サーバーに展開し、機密性の低いワークロードをコストパフォーマンスに優れたパブリッククラウドにアウトソーシングします。

ハイブリッド・クラウド・インフラの 2 つ目の大きな用途は、要求の急増に対応することです。 コストの高いプライベートクラウドは、標準的なサービス需要レベルをサポートするようにサイズ設定できます。 さらに、「クラウドバースティング」と呼ばれるプロセスで、ときどき発生する需要の急増への対処には、いつでも利用可能な状態に保たれた経済性の高いパブリック・クラウド・リソースを使用します。

ハイブリッドクラウドの投資効果の改善をアカマイが支援する方法

分散したモバイルワーカーに IT サービスを提供するためにハイブリッド・クラウド・アプローチを使用している企業では、プライベート・クラウド・コンポーネントとパブリック・クラウド・コンポーネントに共通して重要なものがあります。どちらも、広範なサービス配信プラットフォームとしてインターネットに依存します。 クラウド管理の主な課題は、ユーザーの場所や使用しているインターネット接続デバイスのタイプを問わず、クラウドサービスにおけるエンドユーザーの体験を信頼性と生産性の高いものにすることです。

ここで、アカマイはハイブリッドクラウドの ROI を最大化するのに一役買うことができます。 世界 100 ヵ国以上に配置された 175,000 台以上のサーバーに広がるグローバルアプリケーション高速化プラットフォームを活用して、アカマイは次のようなクラウド高速化ソリューションを提供します。

  • より高速で信頼できるクラウドアプリケーションのユーザー体験を実現して、サービス採用率を高め、生産性を向上させる。
  • ネットワークタイプ、ネットワークの混雑、接続されているデバイスタイプ、ブラウザタイプなどの要因に基づいてアプリケーション配信をリアルタイムで最適化する。
  • インターネットを通じて行われる攻撃を阻止することで、クラウドアプリケーションのウェブセキュリティを向上させる。
  • WAN 上および公共のインターネット上でのハイブリッド・クラウド・アプリケーションのパフォーマンスを最適化する。

アカマイのハイブリッドクラウド高速化ソリューションの詳細をご覧ください