Akamai dots background

マネージドクラウド

マネージドクラウドは、クラウド・サービス・プロバイダーが単一のクライアント専用にホストし管理するコンピューティングリソースのパッケージです。 これらの専用コンピューティングリソースは、サービスプロバイダーが他のクライアントに対して利用可能にするリソースから物理的または仮想的に分離されています。 ある意味、マネージドクラウドはサービスのユーザーに両方の世界で最善のものを提供します。これらのユーザーは、専用 IT リソースに付随するセキュリティとコントロールの追加手段を獲得する一方、オンプレミスのプライベートクラウドに関連する CapEx とメンテナンスコストを回避できます。

マネージドクラウドのタイプ

マネージドクラウドには、クラウド・コンピューティング・サービスの基本カテゴリーを反映する複数のタイプがあります。

  • Infrastructure as a Service(IaaS)。 このタイプのマネージドクラウドでは、クラウドサービスの事業者が、生のコンピューティングリソース、ネットワークリソース、クラウド・ストレージ・リソースの専用のマネージドプールをクライアントに提供します。
  • Platform as a Service(PaaS)。 このマネージドクラウドのタイプでは、クラウドホスティングの事業者が、アプリケーションサーバーや RDBM などのミドルウェアやプログラミング SDK を含む専用のマネージド開発プラットフォームをクライアントに提供します。
  • Software as a Service(SaaS)。 この場合は、マネージドサービスの事業者が、クライアントが望むアプリケーションレベルの機能を提供する包括的な専用リソーススタックを提供します。

SaaS マネージドクラウドの主な例として、Akamai の Network Operator Solutions スイートの一部である Aura Managed CDN サービスがあります。

今日のオンラインメディア環境向けのマネージドクラウド

Akamai の Aura Managed CDN サービスは、ネットワーク事業者が課題を解決し、現在のオンラインメディア環境から得られる機会を活用できるようにするターンキーコンテンツ配信ネットワーク(CDN)ソリューションです。 このマネージド・クラウド・ソリューションは、グローバルな Akamai Intelligent Platform 内の専用 CDN サーバーをネットワーク事業者に提供します。Akamai Intelligent Platform は、マルチメディア・ウェブ・コンテンツとウェブアプリケーションの配信を加速および保護するための世界最大で最も先進的なクラウドアーキテクチャです。

Akamai Aura Managed CDN ソリューションを使用すると、ネットワーク事業者は次のことを実行できます。

  • 事前の CapEx コストや基礎となる CDN インフラのメンテナンスの必要なしにターンキー CDN を立ち上げることができます。
  • ユーザーにパフォーマンスの高いウェブ体験とマルチスクリーンのビデオサービスを提供することで加入者のチャーンを低減できます。
  • 高階層のマルチメディア・サービス・パッケージを提供することでユーザーあたりの平均収益を増やすことができます。
  • 企業やサードパーティのコンテンツプロバイダーに CDN サービスを提供することで新たな収益を創出します。
  • オリジンネットワークの負荷とコストを低減できます。
  • Akamai のウェブベースのクラウド管理ソフトウェアを通じて専用 CDN リソースをコントロールできます。

Akamai の事業者 CDN 向けマネージド・クラウド・ソリューションの詳細をご覧ください