Akamai dots background

ネットワーク・セキュリティ・ツール

ネットワーク・セキュリティ・ツールは、組織の情報システムで IT 部門が定期的にスキャンを実行したり、不具合や予期しない変更を検出したりする作業を支援します。これにより、ネットワークの管理と監視が簡素化され、セキュリティコンプライアンスを目的とした監査が容易に行えるようになります。 ウイルス対策プログラム、ファイアウォール、侵入検知システムなどの末端ネットワーク・セキュリティ・ツールは、ネットワークをより安全に保つために役立ちます。 また、ネットワークマッパー、ポートスキャナー、パケットアナライザなどのネットワーク・セキュリティ・ユーティリティ(通常、これらのツールは、ネットワーク侵入テストで使用される)では、DDoS や DNS スプーフィングなどのネットワーク攻撃を実行する際にハッカーが利用する脆弱性を識別することが可能です。

オンプレミス・ネットワーク・セキュリティ・ツールの弱点

ネットワークインフラストラクチャの既知の脆弱性のトラブルシューティングや検出には役立つものの、オンプレミス・ネットワーク・セキュリティ・ツールは、費用がかかり、複雑で CPU を大量に消費するため、企業のサーバーとアプリケーションのパフォーマンスに悪影響を与える場合があります。 構成が不適切であると、誤検出が発生したり、さらに悪いことには、保護が不十分になる場合があります。 時間のかかるパッチ適用や更新が必要で、基本的には容量や機能に制限があるため、ネットワーク・セキュリティ・ツールは、急速に進化している今日の脅威の状況には適応することも、対応することもできません。

また、自動脆弱性評価ツールでは、アプリケーションと構成の不具合のうち、文書化されたものしか検出できず、ハッカーが将来発見する弱点は検出できません。 一方、インテリジェント脆弱性管理では、専門家による手動の侵入テストが必要です。これはコストがかかり、詳細な計画が必要であるため、リソースに制約のある IT ショップには実用的でありません。

ウェブセキュリティの簡素化: アカマイが提供するクラウドベースのソリューション

最終的に多くの組織は、従来のネットワーク・セキュリティ・ツールの ROI は、全く期待したものではなかったと感じます。特に、大規模な攻撃を受けて防御が失敗したときにそのように思います。 幸いにも現在では、より簡単かつコストパフォーマンスに優れた方法で、サーバー、ウェブサイト、アプリケーションに対する堅牢で拡張性の高いセキュリティを実現し、時間とコストをかけずにオンプレミス・ネットワーク・セキュリティ・ツールをインストール、構成、管理できるようになっています。

毎日平均 5.5 Tbps のウェブトラフィックを処理する 160,000 台以上の CDN サーバーを 95 を超える国に配置することにより、アカマイは、堅牢なサーバーからなるグローバルな分散ネットワークと、マルチレイヤー化による徹底的な防御をお客様に提供しています。これにより、次のことが実現されています。

  • 柔軟性。 Akamai Intelligent Platform 上に構築されるクラウド・セキュリティ・ソリューションにより、それぞれの攻撃シナリオに最適な防御戦略を導入し、より効果的かつ効率的にあらゆるタイプの脅威に対処できます。
  • 拡張性。 当社プラットフォームの事実上無制限の容量を活用することにより、Kona Site Defender ソリューションでは、アプリケーションレイヤーの DDoS 攻撃によって作成される大量のトラフィックを吸収し、ネットワークレイヤーを狙った DDoS トラフィックを回避することができます。
  • パフォーマンス。 Web Application Firewall は、ウェブサイトとサービスのパフォーマンスおよび可用性を低下させずに、疑わしい HTTP トラフィックをできるだけソースに近い場所で除去します。また、アプリケーションの SSL セキュリティの保護を支援することもできます。

アカマイのクラウドベースのネットワーク・セキュリティ・ツールが貴重なオンライン資産を保護する方法についての詳細をご覧ください。